忍者ブログ

気になることをネタにして書き綴ります

話題の庭

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


新型インフルエンザは肺炎になりやすい

なかなか信憑性のある情報ですね。

世界中で流行する新型インフルエンザ(H1N1型)ウイルスが、
通常のインフルエンザと異なり、肺組織の深部まで感染し、
炎症を引き起こしていたことが、流行初期に感染して
亡くなった患者34人の病理組織検査結果で明らかになったそうです。

それを受けマルコもいろいろな研究を始めています。

病理検査の結果、気管支からさらに深部にある肺胞まで、
ウイルス感染による炎症や損傷が認められたとのこと。
この様子は、世界中で流行し多くの死者を出した1918年の
スペイン風邪(H1N1亜型)、1957年のアジア風邪(H2N2亜型)と、
よく似ているとのこと。

また、肺をしっかりガードできるロールケージがあればいいのですが。

H1N1型ウイルス、肺組織の深部まで感染 NY市検視局調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091209-00000009-cnn-int

参考:レーシック失敗

わたくし、本日海外より帰国しまして、現在すさまじい咳と
めまいと筋肉痛・関節痛および頭痛に襲われております。
現地で咳をしている人がたくさんいたので、熱も微熱程度だし
風邪をもらったのかな、と軽く見ていたのですが、
新型インフルだったらどうしましょう。
この記事を読んだら本気でやばいと思い始めてきました。

つまり明日からはもっと風邪予防をしないといけませんね。

PR

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<<芸能人の成りすましてブログするとは  | HOME |  エコからの影響でアパートの屋根にも太陽電池>>
Copyright ©  -- 話題の庭 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ